BLOG

スタッフブログ

防音室のお値段②

このエントリーをはてなブックマークに追加

年末と年度末の殺人的なスケジュールにより、ブログから遠のいてしまいました。

三日坊主ならぬ一日坊主でした(汗)

 

さて、今回は防音室のお値段の続きです。

 

前回、必要な遮音(防音)レベルについて少し触れましたが、防音室を設計していく際に考慮するのが、

・使用する楽器や音源は何か。

(ドラムセット、歌、トランペット、ピアノ、オーディオなど)

・その音源の中心的に発生する音の周波数はどのくらいか。

・どのくらいの音圧(音の大きさ)が出るものなのか。

・どのように音が伝わっていくのか。

・建物の構造はどのようなものか

(木造?コンクリート?)

・部屋の広さはどのくらい必要なのか。

・何時頃まで使用するのか。

・近隣の暗騒音はどの程度なのか。

(閑静な住宅エリア?比較的交通騒音の大きなエリア?)

他にもありますが、上記のような条件を考慮して進めて行きます。

 

例えば、鉄筋コンクリート造で建物自体の遮音性能が元々高いのに、使用する音源が小学校習うようなリコーダーには高性能な防音室は必要ないので当然防音室に係る費用は安くなります。(リコーダーで防音室を作る必要はないと思いますが)

しかし、木造のアパートなどでドラムセットを叩きたいとなると、元々の遮音性能が低い建物ですので、中につくる防音室は相当性能の良いものでなければすぐにトラブルが発生してしまいます。

 

このように、様々な条件を加味して性能=金額が決まっていきます。

リフォームで作っていきますので、解体費用も物件により様々です。

音を止める、あるいは聴こえにくくする、ということが目的ですので、無駄な工事による費用が発生しないように全神経をとがらせて対応しています。

 

参考例をひとつ。

マンションの4階で弾いているアップライトピアノの音が1階まで伝わってクレームを受けていた方からの相談を受けたことがあります。

ピアノから発生した音が、床や柱などの固体を伝わって直下階はもちろん、1階まで振動が伝わっていたようです。

古いドイツのピアノでしたのでデータが無く、重量を測定させていただいた上で専用の防振装置を設置したところ、クレームが収まりました。

それに係った費用はなんと37万円!!

 

こんな提案ができるのが弊社の強みです。

このエントリーをはてなブックマークに追加