NEWS

ニュース

ピアノの防音って何がポイント?

このエントリーをはてなブックマークに追加

私が最も尊敬する会社のひとつがYAMAHA株式会社という楽器メーカーさんです。
どなたでもご存知ですよね。

あるヨーロッパのピアノメーカーは一人の職人さんが1年ほどをかけて1台を完成させると言います。
その額、なんと1000万円~2400万円というとても高価なものですから、庶民にはなかなか手が出せないものでした。
ところがYAMAHAさんは100万円台で高性能なグランドピアノを量産するという偉業を成し遂げ、一般家庭でも購入することが出来るようになったことで、現代の全世界の音楽家に与えた社会的な貢献は計り知れない、というのが素晴らしい会社として尊敬している理由です。

私たちの時代には学校の音楽室にピアノが必ず置いてあります。
とても身近に感じる楽器だと感じられるのもYAMAHAさんの血と汗と涙の努力の結晶なのではないでしょうか。
※ちなみに私はYAMAHAさんの回し者ではないです(笑)

後発でKAWAI楽器さんもピアノを生産されますが、「安さを求めて性能に妥協せず」といった姿勢で庶民にも手の届くピアノを作り続けています。
KAWAIさんもそういった意味で社会的な貢献度の高い、素晴らしい会社だと思っております。

さて、楽器の王様と呼ばれるピアノですが正式名称は「ピアノフォルテ」。
鍵盤は88鍵あり、鍵盤を叩くことで張り巡らされた弦をハンマーで叩いて音を出すという構造になっていますので、赤ちゃんや猫でも音を出すことが可能です。
幅の広い音域を持ち、一人で主旋律(メロディ)と伴奏を同時に演奏できるという万能楽器であることが「楽器の王様」と呼ばれる所以ではないでしょうか。

現代で活躍されている弦楽器や管楽器や打楽器の奏者も、元々はピアノから音楽を学び始めたという方も少なくないようです。

そんなピアノですが、お子さんに習わせたいと思われる親御さんは多いと思います。
その理由は様々だと思いますが、よく耳にするのは、

・情操教育に良さそう。
・早いうちに楽譜を読めるようにさせたい。
・頭の良い子に育ってほしい。
・自分も昔、ピアノをやっていて良かったと思っている。
・クラシック音楽を学ぶことで教養を高めさせたい。
・単純にピアノが弾けたら素敵!
・自分も習いたかったが叶わなかったので、子供には習わせたい

などなど、色々な想いがあると思います。

と同時に、「別に音楽家になって欲しいわけではない」、「ピアノを習わせるのにピアノ本体と防音設備が必要」、などという、心にブレーキを踏んでしまうようなお悩みもあるかと思います。
サイレントピアノの技術もどんどん進化しておりますので、そちらで対応することも可能でしょうが、やはり生音で練習させたいと思われる方には防音の事は悩みの種になっている事と思います。

そういった方に、そっと背中を押してみたいと思います。
少しでもお役に立てたら幸いです。

まず、ピアノの音がどのように伝わるのかをお伝えしておかなければなりません。
冒頭でも書きましたが、弦をハンマーで叩いて音を鳴らしますので、その振動が空気を伝わって鼓膜に届き、電気信号として脳に伝わり、音として認識します。

このように空気の疎密波で鼓膜を揺らせて音が伝わるわけですが、ピアノの場合、重たい筐体を支える脚が床に接地しておりますので、床にも振動が直接伝わっていきます。
その振動は床や壁を伝わって、別の部屋にも影響を与えていきます。

350kgの人が立った状態で小刻みにジャンプしているような状況です!!

テーブルに耳をつけて、こぶしでコンコンとテーブルを叩いてみてください。
これが固体を通して伝わる振動です。より大きな音が伝わっているのがおわかりになると思います。

ガラステーブルに置いたマナーモードの携帯に着信があった時、バイブレーションでかなりの音が出ますが、手に取った途端、音が小さくなりますね。
これはガラステーブルが振動を受け、共振することでスピーカーの役目を果たしているからです。建物でも同じ現象が起きます。

つまり、ピアノは空気中を移動して伝わる音と固体を移動して伝わる音の二つが発生しますので、その対策をしなければ近隣から苦情がでてしまう、という訳です。

では、その音を近隣に聴こえにくくするためにどうしたら良いでしょうか。

ひとことで防音室を作ればよい、といっても上記のように音楽家になって欲しいわけではないのに、そこまで高価な防音室を購入するには抵抗がある、という方が多いのではないのでしょうか。
私も何でもかんでも防音室を導入するべきだとは思っておりません。
それよりも、もっと音楽界が活性化してほしいと思っている只の音楽ファンですので、できるだけ敷居を低くしていきたいと思っています。

どこに対して音対策をするのか、どのように音が伝わるのかを検証し対策することが重要です。

マンションの場合ですが、ちょっとした対策で防音室を導入せずともピアノ対策が出来た事例がありますのでご紹介しますね。
一戸建の場合の対策方法は別のブログでお話ししてみたいと思います。

まず始めに、お客様と相談して使用時間帯などをお伺いしたうえで、ピアノの設置場所を変えることに同意していただきました。

次は音が抜けて行きやすい防音性能の弱い場所、つまり窓ですが、ガラスは壁に比べて薄いですし、ガラスサッシの気密性の問題もあります。
電車の違うホームにいる者同士で会話するのに大声で話さなければならないように、距離が離れると音のエネルギーは小さくなっていくのはお分かりになると思います。
窓から対策したい対象までの距離を考慮し、それに見合った窓対策をしたことがひとつ。

それからピアノ特有の固体伝播対策です。
ピアノの重量に合わせて設計した防振架台にピアノを乗せることで、床に伝わる振動を極限までカットしました。もちろん奏者も架台に乗るように設計していますので、演奏時に座った時の違和感はありません。
架台は移動できますので、引っ越した際なども持っていくことが可能です。

これだけで、マンションの4階から1階まで壁などの固体を伝わって聴こえていた音がまったく聴こえなくなりました。
これにかかった費用は数十万円です。

子どもが奏でる音は比較的音が小さいですから、これだけで防音室まで作らなくても対策できてしまったのです。

もちろん将来、「音大に行きたい」という気持ちが芽生える可能性もありますから、「段階的防音対策」というお話をさせていただいております。

音大に行くレベルになると、夜遅くまで練習したり音も大きくなってきますので、これだけでは不十分です。
今度は天井を補強しましょう、壁を補強しましょうというように、今ある設備に追加していきながらニーズに応じてグレードアップさせていきましょうという事です。

いかがでしたでしょうか。
少しでも気持ちのハードルが下がったと感じていただけたら嬉しく思います。

親子でピアノを習って、或いは別の楽器同士でも、ご家族でアンサンブルなど出来たら最高だと思いませんか?
これを機にお子さんと一緒にピアノや楽器を習ってみるのも妙案かもしれませんね。

ちょっと長くなってしまいましたが、最後までお読みいただき、有難うございました。

このエントリーをはてなブックマークに追加